2010年03月19日

死因究明制度で独自案策定−医法協が事業計画(医療介護CBニュース)

 日本医療法人協会(日野頌三会長)は3月12日の代議員会・総会で、「死因究明制度等に関する独自案の策定」などを盛り込んだ来年度事業計画を決めた。診療行為による死亡事故の原因究明制度をめぐっては、厚生労働省と民主党がそれぞれ独自案を公表しているが、医法協ではいずれにも「全面的に賛同することはできない」と結論付け、独自案を策定することにした。

 厚労省案に対しては、職権主義に傾き過ぎで「医療人の負担を増大させる側面が大きい」と問題視する一方、民主党案についても「診断書等の虚偽記載の厳罰化」などに疑問点が残されていると指摘しており、独自案でこれらを克服できる制度設計を目指す。内容が固まり次第公表し、各方面に実現を働き掛けるという。

 来年度事業計画は、▽国民の立場に立った医療政策等の検討・提言▽医療法人の経営近代化および安定化▽インターネットの活用など情報化への対応-などが柱。
 医療政策に関する検討・提言としては、死因究明制度の独自案策定のほか、医療法人を取り巻く税制の改善や、医療法人会計基準の検討などに取り組む。


【関連記事】
来年度事業計画を決定―日本精神科病院協会
厚労省案は「そのまま成案にはならず」−医療事故調で足立政務官
医法協が賀詞交歓会、政権交代の影響色濃く
次期参院選に安藤副会長を擁立へ―慢性期医療協会
「財源問題だけで社会保障はうまく回らない」

柔道整復療養費、請求方法の統一などを提言―国保中央会(医療介護CBニュース)
<上履き窃盗>女子生徒ばかり15足 容疑の男逮捕 愛知(毎日新聞)
<交通事故>乗用車がトラックに追突1人死亡 千葉・京葉道(毎日新聞)
<ローソン>子会社元専務らを告発 特別背任の疑いで(毎日新聞)
TBSのドキュメント番組 撮影時期の矛盾にネット騒然(J-CASTニュース)
posted by タバタ ミヨコ at 11:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

<鳩山政権>09年度予算を検証へ 参院選へアピール?(毎日新聞)

 鳩山政権は10日、自公政権が編成した09年度予算の執行状況を検証する「行政事業レビュー(再評価)」を5月から実施する方針を固めた。旧政権の「無駄遣い」を掘り起こし、夏から本格的な編成作業が始まる11年度予算に同様の予算を盛り込まないようにすることで、歳出削減につなげることを目指す。夏の参院選を前に改革姿勢をアピールする狙いもありそうだ。

 各省に副大臣クラスをトップとする「予算執行監視チーム」を作り、有識者も交えて検証作業にとりかかる。作業の公開も視野に入れている。国会での決算審議とは別に、行政内部で自律的に「予算が本当にきちんと使われているかをみる」(政府高官)試みで、11日の行政刷新会議で正式決定する方針だ。

 鳩山政権は自ら編成した10年度予算案で、既に終わっていた各省の概算要求のやり直しや、事業仕分け第1弾の実施などで歳出削減を図ったが、時間不足で不十分に終わった。旧政権下の概算要求を基礎にせざるを得ない面もあったといい、一般会計総額は過去最大の92兆2992億円に達した。

 また、10年度予算案の編成過程では、鳩山由紀夫首相が「(予算を削減する)査定大臣たれ」と各省の政務三役を激励したのに対し、徐々に「(予算を求める)要求大臣」と化した閣僚が多くなったとも指摘された。

 09年度予算の検証をするのは、こうした10年度予算案の編成過程への反省も込められている。旧政権が編成した予算なら、各省の政務三役も「査定大臣」となって厳しく切り込むことが比較的容易との判断もある。また、10年度予算案の当初の概算要求は09年度予算が下敷きとなっている。09年度予算を精査することで、11年度予算案の概算要求を圧縮することも目指している。

 それでも、現段階での効果は未知数だ。「一部は族議員化している」とも指摘される政務三役の、歳出削減への熱意も問われることになる。【田中成之、影山哲也】

【関連ニュース】
民主:参院選愛知選挙区に安井美沙子氏擁立
公明:民主と修正協議へ 子ども手当て法案など
参院選:愛知選挙区 民主党県連が安井美沙子氏を擁立
普天間:移設先「ゼロベースで」 鳩山首相、改めて強調
政府・民主:マニフェスト企画委を設置 首相と幹事長合意

愛子さま3日連続登校、5時限目だけ(読売新聞)
<雑記帳>すき間からシクラメン、たくましく 千葉・茂原(毎日新聞)
<中央市長選>田中久雄氏が無投票で再選 山梨(毎日新聞)
高知でサクラ開花 例年より13日早く 気象庁(産経新聞)
シー・シェパード 捕鯨船を実況見分 容疑者立ち会い(毎日新聞)
posted by タバタ ミヨコ at 22:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

弁護士6600万円横領か=死亡女性の遺産管理中−愛知(時事通信)

 愛知県弁護士会所属の森下敦夫弁護士(63)が、相続財産管理人として預かった約6600万円を横領した疑いがあることが9日、分かった。同弁護士会が明らかにした。
 森下弁護士は懲戒請求されており、弁護士会は懲戒処分を検討している。
 弁護士会によると、同弁護士は1998年4月、名古屋家裁一宮支部の選任で、95年に死亡した女性の相続財産管理人となった。
 しかし、同弁護士は98年6月〜2004年8月の間、相続財産の不動産を処分するなどしてできた約6600万円を個人名義の定期預金に振り替え、横領したという。
 森下弁護士は昨年8月に相続財産管理人を解任され、後任の管理人が調査したところ、横領が発覚。約5100万円については横領を認めたという。残り約1500万円に関しては、女性の債権者と名乗る人物に支払ったと話しているが、詳細を明らかにしていないとされる。
 細井土夫・愛知県弁護士会会長の話 弁護士の社会的信用を失わせ遺憾。会員に対する適切な指導監督を実施していく。 

【関連ニュース】
海上保安官を懲戒免職=給食費など280万円着服
知的障害女性の財産横領=7800万円、親類の女逮捕
無登録でマンション管理=全国初、元業者を書類送検
鯨肉窃盗、無罪を主張=グリーンピース2人初公判
夫婦で仲良く同日逮捕=窃盗と横領容疑、別事件で

鳩山首相 「弟は弟」連携を否定 邦夫氏、離党で(毎日新聞)
六本木の不動産取引で脱税容疑=社長2人を告発−東京国税局(時事通信)
東京大空襲 65年、遺族「最後の節目の日になるかも…」(毎日新聞)
小林議員を参考人聴取=資金提供、認識を否定−札幌地検(時事通信)
ここまでしてくれるとは…競争主義者、橋下知事の意外な一面(産経新聞)
posted by タバタ ミヨコ at 15:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。