2010年04月27日

なんときれいな710年…平城宮跡オープン(読売新聞)

 710年に平城京に都が移って1300年となるのを記念した「平城遷都1300年祭」のメーン会場・平城宮跡(奈良市)が24日オープンし、正午までに家族連れや観光客ら約1万7000人が訪れた。

 同会場は11月7日まで。

 往時の平城宮を警護した衛士(えじ)隊にふんした9人が復元された大極殿(だいごくでん)南門を開くと、待ちかねた人たちが次々と入場。大極殿内では、天皇が座った「高御座(たかみくら)」の模型や、天井近くに描かれた神獣「四神」などの壁画に見入った。

 復元された遣唐使船を併設するパビリオン「平城京歴史館」や、子どもたちが天平衣装を着て記念撮影できる「平城京なりきり体験館」などが人気を集めていた。

介護支援ボランティア制度、実施地域が急増(医療介護CBニュース)
歴代社長3人を強制起訴=検察審議決受け弁護士−JR西、福知山線事故・神戸(時事通信)
妊婦の抗ウイルス薬投与で副反応調査へ―新型インフルで日産婦学会(医療介護CBニュース)
龍馬が乗った「いろは丸」オランダ購入説覆る(読売新聞)
仕分け 独法の無駄追及 第2弾 労政研究事業は廃止 (産経新聞)
posted by タバタ ミヨコ at 20:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。